FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

写真展での出来事2 

03-12-21-jal-74d-2-itm.jpg


後輩Sが「印画紙何買ったらいいか分からないから教えて欲しい。」
ってことで一緒に張り番してた股氏とワク(waku6) さんが退場。
ギャラリーに一人ぽつんと取り残された。
まぁ、単独行動が大好きな猫科の人間なので一人はお手の物。
「んで、なにをすっぺか??」

とりあえずこのギャラリーにあるピアノでも弾いてみることにする。
実はこう見えても8歳まで「♪ドミソ、、違うよドファラだよドファラ」
のCMが有名なヤ○ハ音楽教室に通っていた。
そのお陰で自分は絶対音感も持っている。
大体3和音までなら不協和音も含めて完璧に言い当てることが出来る。
曲は全て耳で聞いて覚たので辞める2ヶ月前まで楽譜が全く読めなかった
まぁそんなわけで、聞いたことがある曲ならとりあえずド下手ながら
メロディーとして再現することが出来る。

ところが、辞めてかれこれ12年・・・指が全く動かない。
うまく弾けたら気持ちいいやろなぁ~・・・辞めたことを激しく後悔した。
大体からして「教室が暑くてレッスンの度に鼻血を流すのが嫌だったから」
というのが音楽教室を辞めた理由。
当時8歳の自分には辞めるのに十分すぎるぐらいな理由だったので仕方ない(爆)

ピアノをいじるのに飽きた頃、この間暗室で雄叫びを上げていたN、AYA氏登場。


程なくして再びお客さん。
写真部4回のダイスケさんとなんかもう一人・・・おぅ?
そこに現れたのは学年が2コ上で休学して暫く外国に行ってたウエノさんだった。
自分の作品みて「あんたまだ飛行機ばかり撮ってるのん?」
いやぁ・・・そりゃ飛行機なかったら多分今頃は写真やって無いんで。
このウエノさんは自分が1回の九月に入部した3回生。
実質活動期間はたったの3ヶ月しか無かったけど、写真がむちゃ上手、、。
変な話、正直いうと個人的には当時の3回生の中で一番上手だと思う。
むかし、千里川で撮影中の自分の姿をカレシさんと揃って目撃されたことがある。
(添付の写真はその日の朝撮影したもの。)

いつの時代の知り合いでも自分が久しぶりに会うと必ず言われることがある。
「あんた全然変わってないなぁ~」
案の定今回も言われた・・・コレって結構言われるとキツイ言葉なんですけど。

また来年の3月から復学するらしく、またボックスにも現れるかもしれない
と言うてはった。

是非来てくだせぇm(_ _)m
スポンサーサイト

[2005/10/30 23:03] 未分類 | TB(0) | CM(0)

写真展での出来事1 

05-10-12-ana-772-1-itm.jpg


昨日は一日中写真展の張り番。
(張り番→写真展の受付その他をすること。)

ギャラリー前は人通りが少なくて入りが悪い。
「ひまやなぁ~」とふてくされていると後輩のSが登場。
心の中は「ひさびさのお客様ぜよ~!!」
すると

S:「ネットのお知り合いを連れてきたんですけど。」
自分:「え?誰??」

そこに登場したのはwaku6さん
詳しく話しを聞くとなんと「Sの中高の友達」だったらしい。

お知り合いになるきっかけは高一の夏休みに自分がMDコンポを買ったこと。
「音楽聞くだけじゃもったいない。」と考えてラジオを聞いてみた。
そのとき偶然入ったのがABCラジオのミュージックパラダイス。
ちょっと聞いてるうちに「おもろいやんコレ」ってなってその日からリスナーに。
ある土曜日に聞いていると「有名な飛行機マニアのリスナーがいる。」
しかも「ホームページ開いてる」と聞いてコンタクトを取らない手はない!!
早速いろんなキーワードで検索してHPを発見→カキコをしたのが始まりだった。
(自分は葉書職の道へ・・・半年間毎週読まれ続けたリスナーっていないかも?)

ラジオとネットを通じて今年で5年前から知ってたのに実際に会ったことはなかった。
(一度千里川で超ニアミスしていたことは分かっているけど。)
それが、こんな身近に繋がっていたなんて世間って狭い

その後まだ状況が把握出来てない股氏にこれまでの経緯を説明すると
「ここはオフ会か?」。
まぁこれまで会ったこと、現状などをお話ししてオフ会(汗)終了。
またこんど行きます、シックスシェフ!



この日の話しは色々あるのであと2回に分けておはなししませう。




[2005/10/27 22:07] 未分類 | TB(0) | CM(2)

厄日 

05-10-9-jal-m81-1-itm.jpg


今日はとんでもなくついてなかった。
・・・むしろ何かしら悪いものが着いていた。

朝の10時頃、ヨドバシに現像だそうとしてJR大阪駅から
地下鉄梅田への階段を下っていると前におじさんが。

「おじさん遅いからぬかしちゃえぇ~」と思ったのと
「まだオレハタチっす」見たいな意味のわからん
虚栄心から2段とばしで階段を下りていた。
バドミントンをしていた自分は身体の大きさの割に意外と機敏に動く。
そんな自分は難なくおじさんをかわして階段を下りていると
急に目の前に階段が一段増えた
「え、まじ????」と思った瞬間に「バキバキ・・・」思いっきり捻挫。
へんな見栄を張った自分は痛がるわけにもいかず長州力みたいに
「キレてないっすよ、オレキレさせたら大したもんだ。」
的な顔つきでヨドバシのカウンターにフィルムを預けた。

お陰で、学校に着いたら医務室に急行・・・湿布貼ってもらうけど遅刻。
足が痛くて歩きたくないのでお昼ご飯は写真部の後輩の
テラモト&タケダ氏に弁当のカレー(大盛り)を買ってきて貰う、、
サンクス。

4限目は史上初「100%雑談」の授業。
その後三回生展のギャラリーへ移動・・・梅田からそれなりに距離がある。
梅田のど真ん中を足引きずりながら移動。

照明がなかなか良い雰囲気で落ち着く。
いろんな差し入れがあって食べ物には苦労しない(笑)。
搬入当初よりもちょっと作品が増えてたのに驚いた。
アンケート見てみると「おう、自分の作品結構人気あるぅ!」と少し喜ぶ。

すると「プー、プップー!!!!」
外からけたたましいクラクションの音が。
そこには車一台がやっと通れる道にズラッと車の列。
犯人は紺色のフォルクスワーゲンビートル。
車列の先頭にいた佐川急便のセールスドライバーさんが警察に電話。
でも、そんなにすぐに警察は来ないので自分達で移動させることに。
タクシーの運転手さんたち数人と力を併せるもなかなか車は動かない。
ビートルといえども結構重たい。
仕方なく、邪魔になってるリアの部分だけを持ち上げて通れる幅を確保。
渋滞は間もなく解消、そのころお巡りさんが到着。
「あそこにとまってるフォルクスワーゲンです。」とお知らせする。
今考えたらお巡りさんと話した乗って何年ぶりやろ。
さっさとギャラリーにもどると手が真っ黒・・・やられた。

夜7時、ギャラリーを閉める時間。
ここのギャラリーの鍵閉めるのがなかなか面倒。
最後のシャッターを閉めるのに背が届くのは自分だけ。
「よいしょ」とジャンプしてシャッターを降ろす。
「ガラガラガラ~」、シャッターが勢いよく降りてきて「「ガシャン」
自分の頭に直撃。

そういえばボックスで誰かが言うてたな~。
「梅田に行ったらまた何か起こりますよ」って(汗)
今日は厄日だ・・・

[2005/10/24 23:28] 未分類 | TB(0) | CM(0)

写真展やってます。 

05-9-2-jal-763-8-shi.jpg


梅田で今日から写真展やってます。

「関西大学写真部3回生展」

場所  gallery菊
日時 10/22~10/29  12:00~19:00(最終日は17:00まで)

おこしやす。

[2005/10/22 11:58] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ポケモンジェットの呪縛 

05-10-12-ana-74dp-2-itm.jpg


ポケモンジェットって知ってます?
名前のまんま、ポケモンのキャラクターが描かれた旅客機。
初号機は98年に登場して子どもたちに大人気。
当時は社会現象にまでなって空港のデッキはファミリーでごった返した。
今でも根強い人気があって千里川に行けば「ぽけもんひこうきこぉへんかなぁ~」
という子どもの声が聞かれる。

そんなポケモンジェット、自分がジャンボを撮ろうとすると必ずやってくる。
実はこれが非常に迷惑なんだ・・・。

自分の写真は「飛行機を美しく、カッコよく」がモットー。
飛行機の自然科学が生み出した流線型のフォルムは
あくまで格好良くなければならない。
だから、そんな飛行機に塗るペイントも機体の形
を活かした物で無ければならない。

でもこのポケモンジェット、、キャラクターがおんぶにだっこ。
かっこよくない、美しくない・・・(/_ _)/

もちろん、飛行機好きを増やしたという功績はおおいに認める。
自分が乗る飛行機がポケモンだった時は正直嬉しかった(汗)。
けど、写真を撮るときには出来れば来ないでおくれ~。

千里川にポケモンジェットが来て、周りのギャラリーが「わ~きゃ~」
喜んでるときに「もうポケモン止めてくれ~」とぼやいているのが一匹いたら、
間違いなく自分です(笑)



[2005/10/20 22:57] 未分類 | TB(0) | CM(0)

作ってみたら 

05-10-16-ana-74d-3-itm.jpg



秋はフォトジェニックな季節。
空が澄んでるからどんなシーンでも絵になってくれる。



宣言どおり、そうめんちゃんぷるーを作ってみた。
具はネットで調べたら何入れても良いらしいので
炒め物に出てきそうな野菜、あとツナ(これは基本らしい)。

そうめんを硬めに茹でてあとは適当に味付けして炒めるだけ。
ちょっと水分量が多くて素麺が塊になりそうだったけど、
あじはちゃんとしたそうめんちゃんぷるーだった。

何回か作って人にくって貰えるものにしたい!
[2005/10/19 09:21] 未分類 | TB(0) | CM(0)

自炊 

05-9-24-jal-772-1-itm.jpg


*JA8979 BOEING777-200「JAL FAMILY JET」


今、ウチの親がお出かけしていて先週の土曜日から自炊生活が続いてる。
その間の「食費」としてゆきっちゃんが支給される。
なので、ここ最近はこのゆきっちゃんで何を食べても良い生活。

こんな生活が実は半年に数回程度ちょくちょく行われている。
最初の頃は親に作り置きをして貰って、残りの数日を冷凍食品
でしのぐ方式をとっていたけどこれがなかなか辛い。
なんしか作り置きと言えば定番の「カレー」
カレーは大好きなので3日ほど食べても苦にはならないけど、飽きると言うより
「オレ、こんな高カロリーな物ばっかり食べてて大丈夫なんか・・・」
と身体が心配になって精神的不安から急激に食欲が落ちるんだ。

そこで最近は自炊をするようになった。
最初に作ったのが手始めに「みそ汁」。
具はタマネギと豆腐であとから増殖する海草共をぶち込んだだけの
簡単な物だったけど意外にも親が作るみそ汁よりもうまい。
小学校の調理実習の感想みたく「自分でつくったからおいしい」とかじゃなく。
でもそんな事言ったら次から自分が作らされるので口が滑っても言わない。

次が焼きそば・・・しかも野菜不足が心配なのでクソほど野菜だらけ。
いやこれも親が作ったのと味に大差ない
これって適当に具と蕎麦を炒めてソースかけたら味一緒やん。


自分に料理の才能があるのか、それとも親が別に料理うまくないのか・・・。
とにかくここ最近「料理って簡単、自炊って楽しい!」と思うようになった。

んで次作ろうと思ってるのが「そうめんちゃんぷるー」
沖縄に行ったら是非とも食べたかった一品で、実際食べると
これがなかなかうまくてお気に入りになった。
具が何だったかはっきりとは覚えていないけどこれからググッて
レシピをダウンロード、明日の晩飯にする予定。
ついでにオリオンビールも・・・。


今回はゆきっちゃんがつきるまで自炊してやる。


続きを読む
[2005/10/17 21:43] 未分類 | TB(0) | CM(2)

暇なようで忙しい一日 

05-9-15-ana-772-2-itm.jpg


相変わらず、写真と文章はなんの関係もないでやんす。

金曜日の今日の時間割は1限、2限そして5限。
3、4限がタダでさえ空きで暇なのに今日は2限が休講。
朝一に来て何もすることが無く、そのまま最後まで残るっていう実に無駄な一日になる。
あ゛ぁ。

と思っていたら
2限に「写真展に出す作品見て!」
3、4限に「スーパー玉手に着いてきて!」
5限後に「真っ黒のポジを見て!」
とみるみるうちに予定が詰まった。

1限目、「構造力学」の授業・・・
簡単すぎるのと先生がどもるのでおもんない。
90分をぼーっと過ごす。

2限になってBOX(部室)にいって写真を見せて貰う。
機窓の風景の写真だったけど「飛行機の窓」と
「エンジンの排気」でぼやけてる・・・残念!!
とお告げを下すと作者A.Nは暗室へ写真を焼きに。
暫くマリオカートをしていると暗室からけたたましいCDの音が。
そしたら「#$%*♪&#=(英語の歌詞)イェ~イ」・・・
CDよりも更にデカイ「歌い声」が聞こえてきた。
ライブ会場や無いんやから・・・。


3限になってスーパー玉出に・・・行くはずが依頼人のもう一人の副部長
「スーパーマーケットマニア(笑)」がNANAにはまって40分出遅れ。
そもそも玉出に何をしに行くのかって言うと写真を撮りに行くのが目的。
そして、「一人で撮ってると怪しいから」ってのがお供する理由。
曰く「玉出は私の食のユートピアなの☆」と目ぇキラキラさせて熱く語ってた。
関前から下新庄、駅から出て下新庄近辺のお話しを聞きながらカメラを取りにご自宅まで。
そこから玉出まで結構距離があった。
「そこの角曲がったらカンバンが見えるから」と言われてみてみると
黄色い看板が視力検査バリに遠くに見える。

汗をかきながら玉出に到着。
「せめてカゴぐらいもっとこうや・・・」という意見も全く耳に届かず
カバンからデジカメを出してあっちこっち駆けめぐってスゴイ勢いで撮影開始。
同伴してるだけでかなり恥ずかしかった。
・・・店内って撮影許可ナシで撮っちゃいかんような(=_=)
でも店のおじさんも「スイマセン」って声をかけてくるけど
ただ道を空けて欲しいだけだったみたいで別に問題は無かった。

いや、でも今回ついて言って思ったけどスーパーって
なかなかフォトジェニックかもしれない。
言われるまでなんとも思わなかったけど原色が溢れてて超色鮮やかだった。
今回の写真をアルバムにするらしいので完成するのを待ってみよう。


五限目・・・これも無駄授業。学費返せってぐらい話がくだらん。
ひたすら違うことに専念する。
トイレに行って空を見ると結構夕日がキレイ・・・さぼったったらよかった。


五限後、本日3人目の依頼人N.F。
さっそくポジを見せて貰うと聞きしにまさる「真っ黒のポジ」だった。
一見真っ黒だけど蛍光灯に透かすとかすかに人の顔が見える。
原因は勝手に「超マイナス補正」がかかっていることを知らずに撮影したこと。
こっちとしてはポジで撮って意外に成功しているスリーブを見せて
「ポジも意外に簡単やろ!!」ってのを言いたかったのに
まさかこんな事になっていようとは。
そこから1時間半ほどの「カメラの使い方講座」が始まった。
披写界深度の説明→測光方式、露出計の仕組み→圧縮効果→フィルムの違い・・・etc。
カメラ始めたら最初の一ヵ月ほどで覚えておいて欲しい内容
あと2ヶ月で引退の写真部員に教えた(爆)
(教えつつ、いつの間二やら吸収していた自分の写真の知識量にちょっと引いた。)
「せっかくカメラ買ったんじゃから勉強していっぱい撮る」と言うてたので、
残り2ヶ月に期待することとしましょう。


なんかこんな一日・・・大学に何しに行ってるんかわからんくなったけど、
驚き、発見いろいろあってなかなかおもろかった。
本日お相手をしてくれた皆様お疲れさん!
[2005/10/15 00:43] 未分類 | TB(0) | CM(2)

例会 

zamami2.jpg


一昨日、昨日と高槻キャンパスまで例会に行ってきた。
例会ってのは(本来は)月例会の略で2ヶ月に1回写真展の前に泊まりがけでやる。

自分が例会でちょっと楽しみにしているのが「小旅行」ができることだったりする。
阪急の淡路から先、又は東海道線の高槻まで普段は利用しない区間に乗る。
「この線路の先にはどんな景色があるんやろ?」
これだけで子どもにとっての「小さな冒険」みたいでわくわくする。
(でも、マニア的には新快速の130km/h運転を体験するのが実は楽しみだったりする。)

富田駅を降りてからの楽しみが阪急富田から
JRの摂津富田駅の間にある商店街での「夕食の購入」。
コンビニで夜食のカップラーメンを物色する。その後「本家かまどや」で弁当を。

ここでトラブル発生・・・。
大食漢の自分は「唐揚げ弁当andライス大」を注文。
ところが「おまちどぉ~」って出てきたのは「唐揚げ弁当ofライス大」
そら、唐揚げ弁当にライス大を頼む客っておらんわな・・・どうやら自分は規格外れらしい。
でも今更違うから変えて~ってのもお互いにめんどくさいので止めた。

んで例会本番。
いっつもこのときばかりは喋りまくるのに今回はおとなしくしてた。
なんか感じたのは「1回生はほっといても自分らでやりよるなぁ~」っと。
例会の度にいちいち披写界深度の説明をしないといけない状況はもうじき終わってくれるのかな。

夜んなってお酒飲んで相変わらずどうやら
「ハード笑い上戸」略して「HJ」らしい自分は大笑いした。
どんくらい笑い上戸かというと、大学に入って初めての飲み会を経験したときのことを
同席していた友人に聞くと「お茶碗一杯のビールでスーパーサイヤ人と化していた」らしい。
それでもお酒を経験してから3年目(・・・っておめぇ未だハタチだよ)にで随分お酒には強くなった。
今は少々酔っても他人に「ヤバイ」と感じさせるまでは笑わなくなった・・・と思う。

2時になって「そうや、F1の予選や!」と周りの喧噪も耳に入らないくらい一人テレビにかじりつく。
予選後半のトップチームが悪天候に見舞われてかなり後ろのスタートになった。
(それでも上位3番までしめるんやもん・・・マクラーレンの速さは異常。)
予選が終わって就寝の準備。

いつもは就寝する前に酔い覚ましのために非常口のベランダから
高槻1万ドルの夜景と☆を眺めるのを習慣的に行っていたけど、今回は先客が・・・。
仕方なく寝る。

朝八時になって朝飯。
ここの朝飯はお世辞にも"「マズイ」としか言えない"。
「今回はどんなサプライズな飯が出るんやろ」・・・と嫌なドキドキを感じながら食堂へ。
そこには自分の中のマズイランキング堂々一位のサンマが鎮座していた。
自分はサンマが大好きで毎年秋は楽しみにしている。
そのサンマが一番キライに思えるほどここのサンマは想像を絶するマズさだ。
色は真っ黒、焼き加減はミディアムレア、油まみれ、皮の身離れがとんでもなく悪い。
明らかに鮮度が悪い証拠。
頭の方なんて食えたもんじゃない、サンマの肝が青汁のように苦い。
身を食べようとするとその苦い肝が崩れてただでさえマズイ身まで苦くなる。
えづきそうになりながら半分食べて半分はおばちゃんの目を盗んで残した。

例会二日目、一発目は自分が司会をやる。
その最中、右手にある庭を見ると一匹のにゃんこが登場。
にゃんこ好きの自分は目が釘付けになる。
するとにゃんこがこっちに向かって走ってくる。
次の瞬間「ガシッ」とバッタを捕獲。
こっちに獲物を誇らしげに見せながらむしゃむしゃと食っていた。
・・・実はこの間に喋ってた人の話は殆ど聞いてなかった、スマソ。

二発目も終わって例会終わり。
次の例会で次期執行部の発表になる。
1回生の時にこんな次期が来るなんて思っても見なかった。

もうじき引退、最近頭の中に一つのセリフがうかぶ。
それは、中学2年のホームステイで「日本の曲を聞くとホームシックにかからない」
と言われて持って行ったカセットに入っていた曲、SMAPの「夜空ノムコウ」の一節。


「あのころの未来に僕らは立っているのかな」
・・・今から3年後はどうなってるんやろう。
[2005/10/10 22:29] 未分類 | TB(0) | CM(2)

千里川の夕焼け 

05-8-15-jal-772-1-itm.jpg


夏の千里川は太陽が六甲山に隠れず、最後まで沈みきる。
夏以外のシーズンは山や建物の陰に沈んでしまうので
なかなかきれいな夕日に出会えないので夏は千里川のベストシーズン。

「秋の夕暮れはつるべ落とし」っていうけど、いつの間にか
日没時間が17:30まではやくなってる。
この間夏休みだと思ってたのに。

夏休みの終わりを一番感じるのが「テレビ番組の最終回」
いつもはあんまりテレビ見ないけど、夏休みや冬休みは暇なので
大抵何かしらのテレビ番組にはまる。
それは、大体お昼のドロドロドラマか夕方の再放送のドラマか夜のドラマか
・・・何しかドラマ番組にはまる。
悲しいかなこれらの番組はいっせいに夏休みを少し過ぎたぐらいで終わってしまう。
この間の「電車男のもうひとつの最終回スペシャル」
が終わった瞬間に自分の夏休みが本当に終わった気がした。
(・・・改めて考えると、よくもまぁそれだけ夏休み気分で過ごしたもんだ)

来年の夏は研究室に配属されて夏休みは10日ぐらいしかないらしい。
ひょっとすると今年が最後の本当の意味での夏休みだったかもしれない。


・・・てか、早く秋が来てくれないと汗かきの自分はものすごく困るんですけど。
いつまで暑いねん(/_ _)/
[2005/10/08 15:16] 未分類 | TB(0) | CM(0)

伊良部町が・・・ 

この間行った下地島&伊良部島のある「伊良部町」が
宮古島の市町村と合併して10/1で「宮古島市」になっちゃったらしい。

「伊良部町」のうちに訪れることができて良かった
(といっても名前が変わっただけなんやけど。)
[2005/10/02 18:21] 未分類 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。