FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伊丹空港B747就航制限前企画 

06-2-13-ana-74d-1-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い


今年3月一杯で飛行機写真の聖地「伊丹空港」に
3発以上エンジンを搭載した航空機の発着が制限されます。
従って、空の帝王ことB747=ジャンボジェット機が
伊丹空港に就航できなくなります。

それを受けて本館http://www5f.biglobe.ne.jp/~airborn/index.htmlにて、
3月一杯まで毎日伊丹空港のジャンボの写真を更新します。

残された時間は一ヵ月強。
平日でも天気さえ良ければ出撃できるのが春休みの大学生の特権。
最後の最後まで追いかけます。
スポンサーサイト

[2006/02/26 13:11] 未分類 | TB(0) | CM(9)

5万hit 

↓一日一回クリックお願い


今日チェックしたら本館のカウンターが5万hitを記録しました。
皆様のご訪問ありがとうございますm(_ _)m
これからもお願いいたします。
[2006/02/25 21:36] 未分類 | TB(0) | CM(2)

コダックのニューフィルム 

03-12-21-jas-m90-2-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い

今日、ヨドバシでフィルムの現像を頼んだときのこと。
カウンターの後ろに見慣れない広告を発見。

よくよく読んでみると
コダック新リバーサルフィルム「エリートクローム」発売。
「へぇ~、そんなんでたんや」
と思ってフィルムコーナーを見てみるともう店頭に並んでるやん!!


そこにあった広告を読んでみると・・・

忠実な発色→エリート100
最高の色飽和度→エリートハイカラー
感度200→エリート200
感度400→エリート400

自分が使うのは感度100なのでエリート100とハイカラーを手にしてみる。
そこで、「このフィルムの略称はなんやろ」と思いパッケージを確認してみる。
そしたら

「EBX」と「EB」

・・・ってダイナハイカラーとダイナHGと一緒やんけ!!!
他の200と400もそんな感じ。

店員さんを捕まえて聞いてみると
「名前が変わっただけで乳剤に殆ど違いはない」だそうで。
結局「名前が違うだけで中味は一緒」
で、従来のHG、EBX、EHなんかは販売終了するらしい。



ひとつ疑問なんですけど・・・

意味無いじゃん(/_ _)/



↑この写真は因みにダイナハイカラーで撮影。
[2006/02/24 20:11] 未分類 | TB(0) | CM(6)

撮影者の主体性その3 

06-2-13-jal-772-3-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い



いろんな写真を見ると分かるけど、写真にはいくつか
の決まり切った技法が多用される。
流し撮り、ボケ、構図・・・etc 
150年ほどの写真の歴史で、先人が生み出した知恵なので
そのまま使っただけでも綺麗に撮れてしまう。

でも、概してそれだけの写真は正直面白くない
見ても何とも思わない
しかも、そういった写真は被写体まで決まってたりする。

写真雑誌には「こんな写真はこう撮る」みたいな特集が組まれて、
被写体も季節毎に桜→新緑→海→紅葉→初日の出→雪景色と変わる。
そして、年中ポートレートの撮り方にレンズの写り、ボケ具合。
そんな写真はマニュアル本に載せるには良いかもしれないけど、
ただそれらしく見えるだけ何も感じない


具体例をあげて、それぞれ自分の感想をつけてみるとこんな感じ↓


・花の写真で背景をぼかす、前ボケも入れてある。
↑お花撮影の教科書通り上手く撮れてますね。

・祭りの写真をスローシンクロで一瞬だけとめる。
↑ストロボを使った写真のお手本ですね

・並んだお地蔵さんの真ん中だけピントを合わせて他をぼかす。
↑披写界深度を勉強するいい見本ですね。

・夜の桜をタングステンフィルムで撮る
↑色温度を利用した作例ですね

・秋の紅葉をPLフィルターで色鮮やかにする
↑PLの効果抜群ですね


最近そんなお決まり写真が増えてる。
デジカメ人気で写真始める人が多くなってマニュアル本読んだり、
写真教室に通ったりする人も多いんでしょう。
でも、見る側として正直な感想を言うと教科書通りで面白くない

おかしな事に写真を見せ合って如何に教科書通りに撮れたか競ってたりする。
それって本末転倒じゃない?

初心者の内は教科書もテクニックも必要だと思う。
(無いとどうなるかイヤと言うほど見てきたので・・・。)
でも、マニュアル通りに撮ってるだけだとマニュアルを超えられない。
繰り返し主張しておりますが・・・。
マニュアルやテクは自分の撮りたい写真を撮るための手段であるはず。
テクニックだけが全面に出ている写真は作品ではなく見本に過ぎない。

そういう点では自分と同世代の大学生の開く写真展を見ている方が
よっぽど伸び伸びしてていいとおもう。
まぁ後々こっちの悪口(笑)も書きますが。


テクに撮らされるよりも自分の思い通りにテクを駆使しませんか
まだまだ道の途中ではありますが、そんな風に思う今日この頃。
[2006/02/20 23:30] 未分類 | TB(0) | CM(9)

正しい連写の使い方 

05-11-30-jal-74d-3-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い


休日の伊丹空港周辺に訪れるたくさんのカメラマン。
スポッター写真からスナップ写真までとりたい物は個人個人違うけど、
伊丹でこれだけ撮影してると、大体は立ち位置、機材、
シャッターを切るタイミングで、どんな写真を撮ってるか想像がつく。


今回注目したいのはシャッターを切るタイミング。


伊丹空港に、特にスカイランド原田に行くとこんな人が多い↓

滑走路に着陸してくる機体をテレ側300ミリ程度のズームで追いかけて、
機体全体が画面に入る構図になってからシャッターを切る。
その後、機体が目の前を通り過ぎて小さくなるまでひたすら連写。
その間、撮影している構図はズーミングで常に機体全体が入るカット。
カメラのボディーは秒間5コマクラス。
デジカメが普及してから特にこういった撮り方をする人が増えた。
そして、その後ディスプレーを見てボツカットをせっせと消す。

いくらシャッター切ってもお金かからないから良いっちゃ良いけど。
この撮り方でどれだけのコマが「当たり」になるか疑問。
下手すると全コマハズレなんて事も。

まず、
連写するとシャッターチャンスを逃さないと勘違いしている人が多い。
確かにコマ速が速ければ殆ど同じカットが撮影できる。
でもシャッターチャンスは1回ポッキリ。
そもそものシャッターチャンスが決まっていないと
いくら連写したところでダメカットを量産するだけ。
それに、秒間5コマ程度ではコマ間にベストシーンが挟まることもある。

基本は一発必中・・・これはどんなに連写速度が上がっても変わらない。

じゃあなんで連写機能が必要なのか?
これは秒間6コマに自分のカメラがアップしてからよく分かった。
秒4.3コマでは切れて欲しいときにシャッターが切れなかったけど、
6コマあればカメラが直ぐに反応して切れる。
なので、連写機能は
シャッターが切れた直後の1/6秒後のチャンスに備えるための機能
と考えたい。

最初のコマを切ってからファインダーの像が復帰後、画面を確認して
シャッターチャンスだと判断したらシャッターボタンを押したまま。
ファインダーの像が復帰したときにシャッターチャンスではない
と判断したらシャッターボタンを半押しに戻す。

実際、上手い人が撮影するシャッター音を聞いていると、
連写しっぱなしではなく、一度に3コマ程度連写するのを
何度か繰り返す撮り方をしてる。


いくら高い機材をつかってもシャッターチャンスが捉えられなければ
タダ単に高画質なだけのダメカットを量産するだけ。
写真本はカメラがどうだレンズがどうだって内容ばかりだけど、
根本的なことは意外と身近なところにヒントがある。

ずーっとシャッターボタン押して連写しっぱなしの人、
一度↑の方法を試してみるとヒット率が上がるかも知れません。
[2006/02/19 19:20] 写真 | TB(0) | CM(3)

気分回復 

05-12-14-jal-773-1-itm.jpg


↓一日一回クリックお願い


昨日は久々にいろんな人にあって一杯喋って満腹になって、
最近落ちてたダークサイドから抜け出せました。

もう就活ルックもどんと来い。
あたしゃ、飛行機の写真が上手く撮れればそれでOKよ!
[2006/02/18 22:55] 未分類 | TB(0) | CM(2)

見ると憂鬱になる 

06-2-5-jal-772-1-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い


今日、久し振りに学校に行ったら居るわ居るわの就活ルック。
みんな自分と同じ学年、こんなに一杯居たのかってちょっと驚いた。
3年前はみんな履修やらサークルのガイダンス受けてたのに。
なんか進学する予定とはいえ一人だけぽつんと残された気分。
そんな訳で、今一番見ると自分が憂鬱になる物は「就活ルックの人」

あ~いや!!

ってなったら某ボーリング場の前で妙に白黒コントラストの激しい人発見。
写真部用語でそんな写真は「硬い」とか「カピカピ」とかいう(笑)。
そしたらなんか向こうもこっち見てる。
近づくと就活ルックのvan氏やった。
apに寄ってバレンタインの残骸が半額で売られてるのを見て「上げよか?」
って言われたけど、さすがにハイエナのあたくしもそれは断った(/_ _)/
一応5/9ぐらいは男なのでなんかね~。

まぁ、知ってる人の就活ルックは見ると意外で面白い。
最近人恋しいので誰かしらに合うと嬉しい。

明日も研究室の希望を出しに学校へGO

[2006/02/15 21:43] 未分類 | TB(0) | CM(6)

ポケモンジェット99最後の瞬間 

04-2-4-ana-74dp-1-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い


ポケモンジェット99が2月10日で運行を終了しました。
この飛行機を日中撮影できる最後の機会が
幸運にも伊丹空港に訪れました。
その最後の瞬間をバッチリ撮影することが出来ました。

ただ今その写真を本館に公開しています。
どうぞご覧あれ↓m(_ _)m
http://www5f.biglobe.ne.jp/~airborn

[2006/02/13 22:42] 未分類 | TB(0) | CM(4)

遠い国から2 

05-9-24-jal-772-3-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い



ふたたびアクセス解析の「言語」のおはなし。
今日、アクセス解析を開いてみたら言語の所に
「アラビア語」
の文字。

ようこそ遠いトコからお越し下さいました。
(パソコン自体は日本にあるのかも知れませんが。)
・・・アラビア語で表示されるディスプレイってちょっと見たい。
[2006/02/11 20:46] 未分類 | TB(0) | CM(0)

デジタル導入 

IMG_1357.jpg

↓一日一回クリックお願い




ついにデジタル一眼レフを導入しました!!
ホワイトバランスを自由に調整できるので夜景にもってこいです。
画質も文句なし。
いやすごい。続きを読む
[2006/02/06 23:48] 未分類 | TB(0) | CM(6)

更新中 

06-2-2-ana-772-1-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い




いまちょっと、本館のネタで大きな企画を進めてるので
ブログの更新がおっくうになってます。
もうちょっとで登場するのでお楽しみに。
[2006/02/05 23:08] 未分類 | TB(0) | CM(5)

絶好調 

05-12-28-jal-772-1-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い




今年になってから写真が絶好調。
なんか撮ったら撮っただけ良いのが撮れる。
こんなに撮ってて気持ち良いのは初めてかも知れない。

お前何様やって感じやけど「考えるな、感じろ」って感覚が分かってきた。
石の上にも三年、今年はちょっと自分に期待してる。
マジで。
[2006/02/03 22:42] 未分類 | TB(0) | CM(4)

漠然とした焦り 

05-10-19-ana-74d-3-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い




一応大学院に進学する予定してて、この春休みは自由に過ごせるけど、
こうも周りが就活して頑張ってるとなんか落ち着かない。

今日も伊丹に行く途中、大正駅を通過したときに大阪ドームで開かれた
就職セミナーにいく人達の行列が見えてちょっと不安になる。
「この人らみんな同いやし、こんなに頑張ってるのに自分何してるんやろ」

まぁ「進学」と言えば聞こえは良いけど、ようは宙ぶらりん。
で、今まで一緒に宙ぶらりんしてた人らがみんなサバンナに出て
自分で狩りをするようになる、、すごい取り残された感。
そんなわけで漠然とした焦りを感じる今日この頃。

まぁ自分は自分、他の人は他の人、我が道を行こう。
ちょっと「脱線」することも考えてるけど秘密(笑)
[2006/02/02 18:50] 未分類 | TB(0) | CM(2)

できたてビール 

04-2-4-jex-734-1-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い




工学部の授業で自分の好きなテーマを選べる実習授業があった。
一クラス6人ぐらいに大学教授一人がつく少人数制。
テーマはロボコンで風船割りゲームで熱くバトルした。

昨日はその授業の一環としてアサヒビール吹田工場へ工場見学称して
タダ酒を飲みに行った。

事前に15分ほどの説明ビデオを見て工場見学もそこそこに
メインイベントの試飲。


正直ビールは好きな方ではない。
妙な苦み、炭酸ガスが胃に溜まってあんまり気分が良くない。


ここで飲ませて貰えるビールはついさっき出来たばっかり。
注いでくれるのはビールの品質管理のプロの人。
ゆーっくりとすんごく丁寧に注いでくれる。
至れり尽くせりの一杯なのである。

ちょっと身構えながらもゴクッっと一気に喉を通してみた。

・・・「ま、まいう~」

一口飲んだだけでいつもと違うからビックリした。
全然苦くない、ちょうど良い温度、泡が細かくて喉越しが良い。
今まで飲み会で飲んだようなビールは一口飲むと嫌な苦みと喉で炭酸が
プチプチする感触が不快に感じてゴクゴクとは飲めなかったけど、
コレならホントにゴクゴクいける。
今まではもったいない飲み方してたと気づかされたホント。


丁寧に扱うだけでビールの味がホントに変わる、マジで。
美味しい入れ方も教えてもらったので今度からは気をつけよう。
[2006/02/01 16:52] 未分類 | TB(0) | CM(2)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。