FC2ブログ







良い写真が限られた人の物だった時代は終わった? 

06-8-25-ana-772-1-itm.jpg

↓一日一回クリックお願い


SONYのデジタル一眼レフ「α100」のCM
その最初のフレーズが
良い写真が限られた人の物だった時代は終わりました。」
というもの。
「SONY気合はいっとんなぁー、えらいでかいこと言うたな~」
とある意味感心してしまった。


その一方で疑問に思ったこと・・・本当に時代は終わったのかどうか
・・・製品の性能がどうのこうのという問題じゃなくて。


初心者の人は同じ物だと思ってるやろうけど、
良い写真」と「奇麗な写真」は意味が違う。

奇麗な写真は「解像度が高い」「発色が奇麗」「構図が整ってる」
などとりあえず字の如く「奇麗」な写真。
これならばカメラやレンズが進化すれば誰にでも奇麗な写真が
撮れる時代はやってくるかもしれない。

でも、機材がいっくら頑張っても良い写真が撮れることはない。
良い写真には「見る人を惹き付ける何か」が必要になる。
それは「どう奇麗に見せるか」ではなくて「何を写したか」で決まる。
そして「何を写すか」決めるのは撮影する本人でしかない
カメラは「ココでシャッターを切って下さい」なんて絶対に言わない。

いくら高級な機材で撮っても何とも思わない写真だってある。
むしろ多くの人は良い機材を使ったからと言って良い写真は撮れない。

良い写真を撮れる人はほんの一握りしか居ない。
そして、ほんの一握りの人はどんな機材でも良い写真を撮る。
それはテクニックとか画質の問題じゃない。
持って生まれた、自分で育てたセンスとしか言い様がないと思う。


シャッターを押すのが人間である限り、いくら機材が進歩したところで
誰もが良い写真が撮れる時代は来ない
スポンサーサイト




[2006/09/04 00:14] 未分類 | TB(0) | CM(4)

はじめましてー☆

そうですよねー。
センスのある方は、携帯のカメラとか、インスタントカメラで撮っても、ステキに撮りますもんね!
写真は本職ではないですが、良い写真を撮れるように、がんばりたいです!

こんにちは

同感です。
みなさんのブログを見て、本当にきれいな写真が増えたと思いました。
時折、群を抜いて素晴らしい写真に出会うと、自分の不出来に落ち込みます。
以前写真屋さんで働いていましたが、以前に比べて全体のレベルが上がったことは確かですよね。
[2006/09/06 11:06] yukimi [ 編集 ]

はじめまして

良い写真はなかなか撮れるものじゃないですよね~
「誰もが良い写真が撮れる時代は来ない」
良くわかります。納得。
[2006/09/06 15:49] techii [ 編集 ]

>ぱちこ☆さん
知り合いに同じ呼び名の人物がいるので確認とってしまいました(汗)
以前某フォトコンテストで「写るんです」が一席になってたことがありました。
それを見てホントに何で撮るかよりも何を撮るかが重要だな~と思いました。

>yukimi さん
なんだかんだ言って機材の進歩の恩恵にはあやかってます(汗)
AFやAEの向上でMFカメラ時代よりも技術的に難しいことが簡単にできるようになりましたから。
それを使って更に面白い物が撮れたらいいなと思います。

>techiiさん
良い写真を撮れる人っていうのは自分が撮った写真の
悪いところをちゃんと指摘できる人だと思います。ほんとに納得でそんな人でもきる写真って一杯撮れる物じゃないですからね~。
運の要素も強いと思います。


[2006/09/06 21:46] りゅう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airborne.blog19.fc2.com/tb.php/199-b76cf9ad