FC2ブログ







DC-10 

04-2-4-jo-d10-2-itm.jpg


この写真のJAL機「マクドネルダグラスDC-10-40」が10月31日を
もって日本の空から去ってしまった。
1976年に就航から29年もの長期間にわたって活躍した飛行機。
その役割は、フラッグシップであるジャンボの補佐が中心。
エンジンを3つ搭載した独特の重厚なスタイルは迫力満点、ファンに大人気だった。


自分がこの飛行機の姿を初めて見たのは学研の図鑑。
その当時でもさすがにジャンボなら知ってたけど、
真ん中のエンジンが串刺しになった異様なスタイルに目が釘付け。
お陰で全然飛行機に興味がなかったその当時でも
「ジャンボ」「トライスター」「DC-10」だけは知っていた。

次に自分の記憶の中にDC-10が登場するまでは暫く時間が経つ。
初めて飛行機に乗った家族旅行の帰りのこと。
福岡空港全体が見渡せるレストラン。
目の前に止まっていた飛行機がこのDC-10。
ド迫力のDC-10を前にジュースなんて忘れて心底格好良さに酔っていた。
あんな至近距離でDC-10を見たのはこれが最初で最後。
しかも、「リゾッチャ塗装」。
・・・今となっては血の涙流しながらシャッター切れるシーンだよ。

本格的に飛行機が好きになったとき既にDC-10の退役が始まっていた。
そして、タイミングが悪く大学に入学して伊丹に通いたい放題に
なった頃からDC-10を取り囲む状況が加速度的に悪くなっていった。
つい2年前なら関空に行けばDC-10が何機も見られた。
伊丹にも毎日定期便が飛んでいた時期もあった。
自分はそれを「光線状態が悪いからまぁいいや」と思ってまともに撮らなかった。
そうこうしているうちに伊丹空港の旧世代機追い出し→DC-10の退役。
今となっては後の祭り・・・なんてもったいないことをしたんだろう。
もう後悔の念でいっぱい。

DC-10の退役はその活躍の度合いからすれば非常に地味な物だった。
福岡空港でのエンジントラブル、空調トラブルでの緊急着陸など
ここ数ヶ月の同機へのマイナスイメージが影響していることは否めない。

そんなこんなでDC-10と自分の関係は片思いみたいなもので終わってしまった。
(あ、↑これ別に変態とかオタクじゃないですから・・・)

伊丹空港からジャンボが追い出されるのも来年3月末に迫っている。
DC-10のことがあるから、今度こそは後悔しないように
満足のいくまでしっかり記録したい。
スポンサーサイト




[2005/11/07 22:51] 未分類 | TB(0) | CM(2)

テン

掲載されてる写真は、もしかして雪がチロチロ降ったりした、クソ寒かった日に撮影したものですか?(笑)
結局、新塗装のDC-10を1度も見ることなく引退となってしまいました。
時は流れるもんなので、しょうがないことですが残念です。
なにせ人生初めて乗った飛行機は、JALのDC-10でしたから…。
[2005/11/08 00:01] ワク [ 編集 ]

その通り!!

です。
この写真は2004年2月4日撮影です。
あのときは風邪が強くてクソ寒い日でしたねぇ。
なんとか新塗装のテンは伊丹で撮影も出来ました。
それでも、去年何の気なしに空を見上げていたら
いきなり新塗装のテンが飛んでいった時は「やられた・・・。」
と思ってどん底までテンション下がりました(汗)

>なにせ人生初めて乗った飛行機は、JALのDC-10でしたから…。

羨ましい限りです・・・。
自分の初搭乗機は763、レジなんて全くわかりません(/_ _)/
それでも時間なのが、一番搭乗時間の長い飛行機が
727-200ADVなんですね~。
たまにA誌で紹介されるグアム~ホノルルの
通称「アイランドホッピング」です。
いまはB3になっちゃいましたが。
今度ネガを探して727の写真アップしてみたいと思います。
[2005/11/08 21:49] りゅう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airborne.blog19.fc2.com/tb.php/40-3a4fe010