スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィルムカメラ 

04-6-16-ana-74dp-3-itm.jpg


↓クリックお願い




今日、帰りに梅田のヨドバシに寄って帰ったら意外な光景。
いつもは閑散としているフィルムカメラコーナーに人だかりが出来ている。
どうやら、NIKON銀塩部門縮小の駆け込み需要で売れ始めているらしい。
「FM3A残ってないですか?」と聞く人あり(ヨドバシ梅田はもう無いそうです)、
F100買っていく人あり、、「フィルムカメラもまだまだ使いたい人がいるんや」
と銀塩ユーザーの自分としては思いちょっと嬉しい気分になった。


別にデジタルが嫌いだとか否定するわけではない。
結果が直ぐみられる、高感度の高画質、銀塩換算で1.6倍の焦点距離
・・・とか魅力的な部分もある。
お金さえあれば直ぐにでもデジタル一眼買いに行く(どうせ買うなら1D系ですけど・・・)。

何がイヤかって、
デジタルが過大評価されてフィルムが過小評価されているのがイヤ。
写真としてはき出される絵に関しては甲乙付けがたいのが現状。


冷静に絵を見ればデジタルの絵とフィルムの絵って客観的に比べる方がおかしい。


デジタル
・粒状感がない(代わりにカラーノイズが目立つ)
・ネガとポジの中間ぐらいのコントラスト
・淡い発色(レタッチ次第)
・解像度は画素数による(EOS-1DsmMrk2の絵めっちゃキレイ・・。)

フィルム(ポジ)
・粒状感がある(代わりにカラーノイズがない)
・ハイコントラスト
・派手な発色
・解像度は高い(某雑誌ではEOS-1DsmMrk2とほぼ同等の結果が出てました)

フィルム(ネガ)
・ローコントラスト
・発色はデジタルより鮮やか
・モノクロネガの解像度が一番高い


圧倒的にデジタルが勝っているのは「スピード」と「保存性」。
コレはさすがに素晴らしい。報道関係なんてみんなデジタルに流れて当たり前だと思う。
このネット社会、PCに素早く取り込めるデジタルの方が便利に決まってる。

でも、得られる絵だけで判断すればそれぞれ全く性質が違う。
比較したところでセダンとワンボックスと軽のどれが一番優れているか競うみたい。
どれが良いかなんて何処に重点を置くかによって主観的に判断される。


そういう意味で、自分のように高彩度、ハイコントラストのポジ絵が好きな人、
はたまたネガの絵が好きな人がいれば十分フィルムの生きる道は有ったはず。



それでも市場はデジタルに流れる。



その原因はメーカーの広告戦略が関係していると思う。

デジカメはまだまだ歴史が浅い新事業。
デジカメ事業を軌道に乗せてその素晴らしさをアピールするには宣伝が必要。
優れている事を宣伝するのに一番良い対象はフィルム。
「フィルム代がかからない、早くて便利」と宣伝して、フィルムの長所は隠す
販売店でもメーカーが売って欲しい商品を中心に客に勧める。
少なくともこれから写真を始める人にデジタルよりフィルムを勧める店はない。
写真が趣味でない一般ユーザーは便利なデジタルにどんどん流れる。

そして、不幸なことにデジカメの商品としての寿命はフィルムカメラに比べて短い。
広告は殆ど全てデジタルカメラになり徐々にフィルムカメラは忘れられていく。

デジカメが普及して良かったと思うのは写真人口が増えたこと。
最初コンデジで撮るうちに楽しくなって一眼レフを買う人は結構いるらしい。
千里川を訪れる人も以前に比べると訪れる人の層が変わってる。
でも、コンデジから一眼レフになっても「フィルムの良い面」を経験していないし、
デジカメの便利さを知っているからデジタル一眼レフにいっちゃう。
ますますフィルムカメラは忘れられていく。


銀塩からデジタルに乗り換えた人も自分の周りで一杯い知ってる。
「手間かからない」「自分でいじれる」「フィルム代がかからない」のが便利みたい。
でも「フィルムの絵の方が好きやけどデジタル便利やから・・」と言う話を良く聞く。
・・・別に色眼鏡で覗いてそう言うのではなく実際に。

みんな結構フィルムの絵は好きなんや。


デジタル写真は綺麗で便利。
自分も条件によってはフィルムよりもデジタルの絵の方が好き。
新しい世界として早く自分自身で実感したい。

フィルムには便利さはないけどデジタルにない物がある。
デジタルしか経験のない人、是非フィルムの世界を経験してください。
ひょっとすると自分の作品に生かせる物があるかもしれません。
作品として自分の求める写真を撮るなら少し手間とお金がかかっても良いと思いませんか?
きっと新しい発見があると思います。


まぁ賛否両論有るかと思いますが、まとめると↓

デジカメの進歩はめざましくいずれフィルムを完全に抜き去るでしょう。
やがては完全に銀塩写真を淘汰する日が来ると思います。
デジカメの進歩は大歓迎。
だからこそ「デジタルとフィルムが両方ある今って幸せだ」
と言うことです。
スポンサーサイト

[2006/01/17 19:09] 写真 | TB(1) | CM(2)

こんばんは

僕が思うのはデジタルはカメラメーカーが儲かりフィルムはフィルムメーカーが儲かるんじゃないかと。

キャノンのひとがフィルム時代はフジばっかりもうけていたといってたそうです。

デジカメならカメラ作ってるメーカーが儲かるので力入れますよね。
[2006/01/18 01:21] SAI [ 編集 ]

確かにそうですね。
フィルムカメラは一度買ったら修理して長い間使い続けますし、
新製品を出しても決定的なアドバンテージを持つ事ってないですからね~。


デジタル一眼は最初写真愛好者だけが買う物みたいなレッテルが貼られてましたが、
今や一般にも売れに売れてますから。カメラメーカーにとっては金の卵でしょう。
キャノンなんてデジタル一眼の普及に伴ってレンズの生産が追っつかないみたいです。

日本景気にとっては良いことなんですね(爆)
[2006/01/18 15:53] りゅう [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airborne.blog19.fc2.com/tb.php/71-bdab6161


Canon デジタルカメラ IXY DIGITAL L4 トワ

充電も、データのPCへの取込も、テレビへの接続も、すべて付属のカメラステーションにセットする必要がある。直接は繋げない。遠出する際に充電だけしたいというような場合でもカメラステーションを持っていく。予備バッテリへのチャージは別途チャージャーが必要。カメ...
[2007/10/13 22:46] URL カメラを...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。