FC2ブログ







手振れ補正 

Canonのレンズには手振れ補正機構「IS(image stabilizer)」を搭載した物がある。

コイツが非常に優秀で、風が強いときにファインダーを覗くと画面が揺れて揺れて大変。
このまま撮影すると明らかにブレブレ写真になる。
でも、ISが作動するとスッと揺れがおさまる。
まるでファインダーの向こうだけ無風になったみたい。
低速シャッターも手持ちで安心して撮影できる。

せやけど、自分の持ってるレンズでIS付いてるのは一本だけ。
そこで、「他のレンズでも手振れを防ぎたい」と思い、
この夏「筋トレ」で腕を強化することにした。
毎日4キロのダンベルでトレーニング&腕立て伏せ100回。

・・・で約3週間後、
腕周りがかなり太くなって触ってみると筋肉質になってるのが分かる。
EOS-3に420mmのレンズを付けてを構えてみると「か、、軽い☆☆」。
普段片手に4キロのダンベル持ってるから当然、筋トレの効果は絶大。

ところが、鏡の前に立ってみると「腕だけが太くなって何か変・・・」。
むしろ余計にデブに見える。

まぁ、自分の外見なんて誰も気にしてないし、本来の目的である
「人間手振れ補正」
が出来るようになればそれでいい・・・のか?

is.jpg

スポンサーサイト




[2005/08/23 11:08] カメラ・レンズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://airborne.blog19.fc2.com/tb.php/8-7febf51c